世界中より厳選した高級インテリア・雑貨のセレクトショップ|プレテリオ
Get Adobe Flash player

Carl Mertens

1-CARL MERTENS

カール・メルテンス  (1-CARL MERTENS)

販売価格(税込)
¥0
在庫状態 : 売切れ

Carl Mertens(カール・メルテンス)社は1919年設立された刃物やキッチンウエアの製造、金物づくりの街として世界的に有名なドイツ西部のゾーリンゲンに本拠を構えるドイツを代表する老舗のカトラリーメーカーです。その美しいデザインは遊び心と高い機能性を兼ねそろえ、世界中でその地位を確立させています。またその独創性と職人の巧みな技術の融合により、世界的なデザイン賞を数多く受賞し、ニューヨーク近代美術館(MOMA)にも「balance/バランス」をはじめ、所蔵品として同社の製品がコレクションされています。


Carl Mertens



●カール・メルテンス社について

カール・メルテンス社は、人々の食文化に貢献するだけでなく、料理、食卓を演出してくれるテーブルウェアやインテリアアイテムなどを製造しています。製品ラインナップは、日々欠かすことが出来ないカトラリーから、バーグッズ、パーティー用グッズなど多くの場面や料理に合わせたアイテムが数多くあります。

全製品において、そのスタイリッシュなデザインは他社と一線を画し、ブランドの個性となっています。また、製品の真骨頂は、「使う」ということによって表れます。製品を「使う」ことによって調理する楽しさ、食事する有意義な時間を作り出し確保すること間違いないです。

●素材と製品のクオリティのこだわりについて

製品の約70%は、ドイツ国内ゾーリンゲンにて製造されています。技術的にドイツ国内での生産が難しい製品は、厳しい品質管理基準を満たす外注先にカール・メルテンス社の認定書を発行し、製造依頼をしています。製造依頼後の商品はほぼ全てゾーリンゲンの自社工場で最終研磨作業を行っています。また、カール・メルテンス社の製品作りにおいては伝統的な技術を持った熟練の職人によって製造されていて、その中でも特に研磨の行程は職人の手作業で行われています。

製品の材質は基本的に、ステンレス(※1)のみを使用しています。鉄に他のマテリアルを融合する事により、どのような条件下に置いても耐えられるもの、すなわち高貴なものになります(ドイツ語においてステンレスはEdelstahl = 高貴な鉄という意味)。また、ステンレスの金属には18%のクローム、10%のニッケル、72%の鉄が含まれます。クロームは錆を防ぎ、ニッケルは対酸性を強め、金属に輝きを与えてくれます。

※1

複数あるステンレスの規格の1つ。鉄の中に混ぜたクロームとニッケルの割合がそのまま呼び名となっている。一般的な雑貨やカトラリーによく使われる18-8ステンレスに比べてニッケルを多く含み、腐食、錆びにつよく、光沢があるのが特徴。一般的に18-8ステンレスに比べて18-10ステンレスの方が高価。

●日本を意識したシリーズについて

日本の食文化では「四季」と深くかかわりがあって、その季節でしか採れない食材を「旬」のものとして調理するため、料理の見た目が非常に大事となります。そんなアジアの食文化を参考に製作されたのがミナモトシリーズです。他のシリーズとは異なり、独立したシリーズで、アジアボウル、箸、碗に木製のトレーを中心に展開しています。落ち着きを感じさせるフォルム、綿密に加工させたウォールナットやガラスといったマテリアルは、アジアの食文化を意識し、どの季節の料理にも合うデザインが施されています。また、ミナモトは、アジアの食文化とお客様へのホスピタリティに対する敬意から生まれまれ、全シリーズがオブジェとして目でも味を楽しんでもらう事を第一に考えています。

●今後の方針について

カール・メルテンス社は3世代にわたる家族企業として、高品質そして時代を超越したドイツのデザインに取り組んできました。ブランドを掲げるカール・メルテンス社の製品は、食べることの喜びや、日常生活におけるイベントの価値をより高める為にあります。企業としての方針は、1つには「環境に対する責任を負うこと」。もう1つは「伝統を受け継ぎながらも革新的な事にチャレンジする事」にあります。


●Carl Mertens Ambiente 2009


Carl Mertens


売切れ
1-CARL MERTENS

1-CARL MERTENS関連商品